店頭プロモーションのオススメ比較サイト

LINE UP

  • 1総合評価:★★★★★

  • 2 総合評価:★★★★

  • 3 総合評価:★★★★

top > 店頭プロモーションについて > 知恵を絞った店頭プロモーションで集客する

知恵を絞った店頭プロモーションで集客する

店頭プロモーションを行う際に抑えておく事として、店頭全体のターゲットがどのような分類であるかを把握しておく事が必用です。
集客する際にターゲットを絞って店頭プロモーションを行う事で、目的の客層を集めて販売促進する事ができます。
売り上げの構成比と売り場面積比が同じになっているかも確認する事が必用であり、売れる商品と売れない商品の場所の比較を見直す事も大切です。
POPの目的別分類を抑えて商品に関する情報がお客さまに伝わりやすい情報であるかを確認する事も必用です。
専門的な知識やその分野を得意とする人にターゲットを絞るのか、誰が見ても解りやすくするのかによってPOPの内容を変える事で目的のターゲットの購買意欲を促進する事ができます。
商品別の粗利高と購買頻度を把握する事によって、集客商品と主力商品、品ぞろえを明確にしてターゲットを絞って店頭プロモーションをする事が可能になります。



商品の店頭プロモーションの大切さ

商品を購入してもらうには、店頭プロモーションが有効な手段になります。
その商品を目的として、訪れる人ばかりではありません。
しかし、何かを購入する目的を持って来店しています。
そこには、購買意欲があるので、商品の良さを伝えることで購入してもらうことに繋げることができます。
店頭プロモーションには、プロモーション映像を流すことや店員が商品の側に立って、プロモーションを行っている場合があります。
後者の場合は、試飲や試食ができる場合が多く、実際に商品を体験することができます。
その商品の価値を知ってもらい、周知をしてもらうことができます。
その機会で購入してもらうことができなかったとしても、次の機会には、購入する商品の選択肢の中に入れてもらうことができ、それだけでも、店頭プロモーションを行った意味は、あるといえます。



店頭プロモーションのコツとは何か

企業が新商品を出した場合、店頭プロモーションは非常に大きな役割を果たします。
ただ、商品を紹介するだけではなく、まずは歩いているお客さんの足を止めさせることが必要です。
そのためには、店頭ポップも重要です。
いかに目立たせるかです。
写真やイラストを使って、お客さんに呼びかけるようなポップが必要です。
また、商品のターゲットはどんな層か、ターゲットはどのようなことを求めているか、その辺りをしっかりリサーチして呼びかけることが大事です。
いくら優れた商品でも、知ってもらえなければ、手にとってもらえなければ、魅力は伝わりません。
なので、ポップや呼びかけで足を止めてくれた人がいたならば、相手を軽くヒアリングし、何を求めているかをリサーチすます。
相手にとってプラスになる情報を伝え、しっかりと商品の紹介をし、理解してもらうといいでしょう。

次の記事へ

PAGE TOP