店頭プロモーションのオススメ比較サイト

LINE UP

  • 1総合評価:★★★★★

  • 2 総合評価:★★★★

  • 3 総合評価:★★★★

top > 店頭プロモーションについて > 店頭プロモーションの活用例

店頭プロモーションの活用例

 店頭である商品を販売する場合、ほとんどの消費者はその商品について理解してから購入したいと考えます。消費者の商品に対する理解を深めるためには店員が消費者に対して説明すればよいと考えるのが一般的です。しかし統計によると、アパレル店舗でショッピングするとき店員に話しかけられるのが嫌だと感じる人はなんと80パーセント以上にも上ることがわかりました。それではどうやって消費者に対して、販売している商品のメリットをアピールすれば良いのでしょうか。こんなときにたいへん便利な店頭プロモーションツールが動画の活用です。店舗内動画を店頭で流すことで消費者は自然にある商品に対する理解を深めることができ、購入へとつなげることができます。成功させるためには効果的な店舗内動画を作製する必要があります。

 店舗内動画にはいくつかの種類があります。まず最初に挙げるのはデモンストレーション動画で、日用品など便利な商品の使い方を理解することができます。その活用例として、水で消すことができるペンの動画があります。店舗内動画では実際にペンで書いた後に水で消すところを映像で見せたり、活用するアイデアについていくつも示しています。また製品の裏側を伝える店舗内動画もあります。活用例として、職人によって手作りされたランドセルの店舗内動画があります。ランドセルを実際につくっている職人自らが商品を選ぶときのポイントについて語っており、どれだけ素晴らしいランドセルを自分がつくっているのかについて消費者に理解してもらうことができます。このタイプの動画は、製法にこだわってつくられた工芸品や高い安心感が必要な食品などに適しています。

 効果的な店頭プロモーションとして注目されている店舗内動画は、素人が手作りするのではなくプロに依頼することをおすすめします。動画制作を行っているある会社ではこれまでにたくさんの有名な大手企業を含む1000社以上との取引実績があり、最短7日で動画を仕上げてもらうことができます。1年間で1500本以上もの動画を作っているため経験が豊富で、多くのノウハウを持っています。動画制作の料金は19万円で、様々なタイプの動画に対応してもらうことができます。商品説明やゲーム紹介、マニュアルや広告など多岐にわたり、どんなタイプの動画でも一度相談してみることをおすすめします。フリーダイヤルで問い合わすことができるだけではなく、メールでも無料相談にのってもらえるためぜひ気軽に問い合わせてみてください。

次の記事へ

PAGE TOP