店頭プロモーションのオススメ比較サイト

LINE UP

  • 1総合評価:★★★★★

  • 2 総合評価:★★★★

  • 3 総合評価:★★★★

top > 店頭プロモーションについて > 店頭プロモーションにオリジナル動画を作成する

店頭プロモーションにオリジナル動画を作成する

今はデジタル化が進行していき、インターネットを使えることが当たり前になってきています。
商品を宣伝するには昔はCMやチラシを使う方法が主でしたが、最近になってインターネットを利用して店の商品を店頭プロモーションする方法が進みつつあります。
インターネットでプロモーションをするメリットはCM料がかからず不特定多数の人たちに観覧してもらえるからです。
また、動画を利用して商品をアピールできます。
さらにインターネット動画はテレビのCMと違い自由度があります。
店頭プロモーションに使える動画もテレビよりも長く作れて、CGなどを使い商品をアピールできます。
他にも実際に商品を買った人から使用した感想やどのように使っているかをアピールすることで買う側が使用方法を判断しやすくなります。
そして一昔前よりも動画を作りやすくなり、どのような人でもソフトの使い方を覚えれば簡単に動画を制作やアップロードすることが可能です。
あとは動画に商品の用途をわかりやすくしたり、映像や見せ方を工夫すれば可能性は無限大です。



店頭プロモーションを展開したい時

製品を開発して世の中に出す時、新製品ならではのキャンペーンを行います。
駅などでのサンプリングやデモンストレーション、またお店の店頭で行う店頭プロモーションなどです。
店頭プロモーションなどをする際にはプロモーションを手掛けてくれる専門会社があるので、そこへ依頼すると良いでしょう。
インターネットで検索すると沢山のプロモーション専門会社が出てきます。
それぞれの会社が独自の目線で個性のあるプロモーションを手掛けてくれますので、その中で一番いいと思った会社と二番目に良いと思った会社に見積もりをまずは出してもらいます。
新製品を店頭でプロモーションしたいがどんなプロモーションを行ってくれるのか、またどの程度プロモーション費用がかかるかなどの案と予算を出してもらいましょう。
こうして二つの会社から相見積もりを取って、どちらのほうが売り上げアップが期待できそうかなどを比較して会社を決めると良いでしょう。



店頭プロモーションの場所や形態

店頭プロモーションができる場所は、レジカウンターがあります。
そのお店をよく利用する人の目に必ず留まることになるので、アピールがしやすいです。
棚の端っこの部分にあたるエンドという売り場でも最も目立つ場所も、店頭プロモーションの場所として使えます。
ここにモニターを設置したりしているお店も多いです。
季節で一押しの商品や、新発売のものを目立たせることができます。
トライアルコーナーを設けることも、プロモーションとしては有効です。
実際の商品を試してみることで、消費者にまずは知ってもらうことから始めます。
自立型の店頭プロモーションとしてはタワーディスプレイ型も目立ちます。
よく展示会でもみかけるこのディスプレイは、どの方向から見ても商品を見ることができます。
そこを通る客が必ず目にすることができるので、強力な宣伝塔となります。

次の記事へ

PAGE TOP