店頭プロモーションのオススメ比較サイト

LINE UP

  • 1総合評価:★★★★★

  • 2 総合評価:★★★★

  • 3 総合評価:★★★★

top > 店頭プロモーションについて > 店頭プロモーションで野菜カッターを実演販売

店頭プロモーションで野菜カッターを実演販売

店頭プロモーションで、野菜カッターを実演販売しているのをみたことがあります。
この野菜カッター、実は、別名が万能スライサーです。
野菜や果物は、すべて、このスライサーをつかえば簡単にスライスできます。
店頭プロモーションの圧巻は、大根おろしや大根のつまつくりです。
包丁では、大根を薄く切るのに、長年の修行が必要です。
万能カッターを使えば、購入したその日から、なんと、プロ顔負けの、大根の薄切りさえできてしまいます。
それを二回繰り返せば、お刺身のつまが、いとも簡単につくれるという、優れた商品です。
店頭販売をしている、担当男性社員の手さばきには驚嘆します。
もしも、ぎこちない手さばきだったら、実演販売直後、飛ぶように売れることはないでしょう。
男性担当社員の技術のたまものでしょうか、いつも、このスライサーは飛ぶように売れてしまいます。



店頭プロモーションは計画がポイント

ひとつのジャンルに数えきれないほどの商品が登場する現代において、販売の難易度が年々高くなってきています。
置けば売れる時代は過去のものであり、売りたい商品の存在をお客にアピールしていかなければなりません。
そこで多くの企業が取り組んでいる店頭プロモーションは、新規客獲得という大きな成果が注目されています。
例えば、来店客は目的がないまま入店するケースが多数といわれているため、購入のきっかけを作り出す店頭プロモーションはチャンスといえるでしょう。
しかし、目的や目標といった計画が大切ですので、時間帯や期間を含めてミーティングを行うべきです。
店頭プロモーションを実施する際の商品とターゲットを明確にし、可能であれば売り上げ目標も設定します。
スタッフの配置計画もポイントとなりますが、端末やモニターで動画を流す手法も効果的です。



店頭プロモーションで売れる人、売れない人

デパート売り場や、スーパーの片隅では、毎日のように、店頭プロモーションが実演販売されています。
この実演販売は、大別すると、二種類のカテゴリーに分類することができます。
ひとつのカテゴリーは、ジュースや清涼飲料水とか、あるいは、あたらしく開発されたお菓子の新商品の紹介があります。
実演販売が基本ですが、この分野で活躍する店頭プロモーションは、圧倒的に女性が主役です。
もうひとつのカテゴリーは、例えば、ワインのオープナーとか、缶切りとか、はたまた、包丁などに至るまでが、実演販売されています。
こちらの店頭プロモーションの主役は、圧倒的に男性が主体です。
店頭販売では、その日に売れないと、生き残れません。
よく売れるような担当者の持っている、技術には、全く目を見張らされますが、そうでない人たちの商品はいつも、売れ残っています。

次の記事へ

PAGE TOP